憧れの街に住むための銀座賃貸の総合情報サイト。あなたにピッタリの物件が探せます!

銀座賃貸の総合情報ガイド/相場価格や立地のメリット・デメリットを解説 TOP

銀座賃貸の総合情報ガイド/相場価格や立地のメリット・デメリットを解説 TOP

銀座賃貸と言っても、おそらくほとんどの方は、銀座といえば昼間は映画やショッピングに訪れたり、忙しそうなビジネスマンなどが行き交い、夜はお酒を飲んだり大勢でワイワイ楽しんだり、といつも人が集まるにぎやかな街というイメージだと思います。銀座はそのイメージ通り、昔は遊びに行くところ、と決まっていましたが、最近はこの憧れの銀座に住む人が増えてきました。というよりは、住める環境が整ってきた、といった方がいいかもしれません。新築マンションをはじめとし、中古・賃貸と、いろいろな形の物件が不動産屋で扱われるようになってきていますが、中には、住めるようなところがあったかしら?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、銀座駅、銀座一丁目駅、東銀座駅の辺りを思い浮かべてみると、老舗の百貨店、レストラン、世界のブランドショップの店舗が立ち並び、ビルにはバーやクラブが入っていますし、大きな企業の自社ビルが並んでいるところもありますね。少し離れた八重洲、京橋あたりもオフィス外なので、このあたりは、住むようなところはなさそうです。

では、どの辺りが銀座の賃貸としての範囲になるのでしょうか。駅でいうと新富町、築地、八丁堀あたり、地名でいうと築地、入船、湊、明石あたりの、ちょうど隅田川までの範囲といえるでしょう。このあたりは、各駅から10分から15分くらいで歩けるので、十分通勤にも便利な地域です。すぐ近くに違う路線の駅があるのも好条件であるといえるでしょう。このように、今、銀座は遊ぶところ、そして住むところでもあるのです。

銀座の住み心地は?

築地、入船、湊、明石あたり、隅田川近辺は、オフィスビルとマンションが立ち並んでおり、一部一戸建てが建っているところもあります。銀座の街中とはまた違う雰囲気ですね。平日は仕事の関係で人の出入りが多いところもありますが、休日はとても静かです。

快適に生活するには、食料品がすぐに手に入る環境は必須ですが、その点はまずまずの環境といえるでしょう。コンビニは、点々とありますし、大型の総合店こそありませんが、食料品を手に入れるスーパーもあります。その他、薬局、クリーニング店など、あると便利な店も存在します。ただ、雑貨用品などをまとめて手に入れたい場合や、安く購入したい場合は、少し離れたところまで休日に買い出しに行く必要があるでしょう。しかし、最近は、通販などもありますから、工夫次第では便利な生活ができるといえます。

また、小さいお子さんがいらっしゃる場合や、ペットを飼いたい場合は、子どもが遊べるような環境か、散歩ができるか、というところも気になるところだと思いますが、隅田川近辺まで行けば、緑や公園があるので、心配いりません。隅田川には、散歩コースがありますし、隅田川両岸に沿って整備された隅田川テラスは、公園、散策路などの役割を果たしています。このように、今、銀座は、住みやすい環境であるといっていいでしょう。

このように、さまざまな条件のもと物件を探したい方には、その場所に物件を持つ不動産会社に話を聞くといいでしょう。その中のひとつで、銀座付近の情報にも詳しいのが以下の不動産会社です。
銀座賃貸のミニミニ東京駅前店
こちらのルームアドバイザーに話を聞くことができるので、街のスポットも含め、賃貸や中古マンションの購入のことまでさまざまな情報収集をすることをおすすめします。

銀座の通勤事情~乗り入れている路線状況~


銀座は、あらゆる路線が乗り入れている街です。勤務先がどこであっても、通勤に困ることは、ほぼないといっていいでしょう。

主な駅の乗り入れ状況は、以下の通りです。

◎日本橋駅

日本橋駅に乗り入れている路線は、都営浅草線、東京メトロ銀座線、東西線です。都営浅草線は、西馬込駅から押上駅を結んでおり、乗降客が多い駅は、馬込、五反田、泉岳寺、新橋、浅草、押上などです。銀座線は、浅草駅から渋谷駅までを結んでおり、渋谷、赤坂見附、神田、上野、浅草などへの通勤に便利です。東西線は、中野駅と西船橋駅を結んでいます。

◎銀座駅

銀座駅に乗り入れている路線は、東京メトロ銀座線、東京メトロ日比谷線、東京メトロ丸の内線です。日比谷線は、北千住駅と中目黒駅間を結んでおり、北千住、上野、秋葉原、六本木などへの通勤に利用されています(東急東横線と相互乗り入れ)。丸ノ内線は、池袋、東京、大手町、新宿駅、荻窪などへの通勤に利用されています。

その他、住宅地の最寄駅は、日比谷線の東銀座、築地、八丁堀、有楽町線の銀座一丁目、新富町、都営浅草線の宝町、東銀座があります。